クアラルンプール(KL)到着翌日は、市内を観光。

主に美しいイスラム美術を楽しむため、イスラム美術館、マスジド・ヌガラ(国立モスク)、
そしてKLのランドマークであるペトロナス・ツインタワーへ。

一般的にまず行くところとは若干違うかもしれませんが、オススメコースです!

美術館自体も美しいイスラム美術館

日本人にはあまり馴染みがないイスラム芸術。
僕たちは、建築物の美しさ、特にドーム(天井)、シャンデリア、絨毯、ステンドグラスの美しさに何度も目を奪われてきました。

イスラムの歴史において、王家等を中心に様々な美術品が残されていますが、
特にカリグラフィー(日本で言うところの書道)、建築、絨毯が特徴的でしょうか。

ちなみに、アラブの人たちは詩(文章の美しさ)を大事にするらしいのですが、アラビア語がわからず、その理解には至っていません。
コーランは文章が極めて美しく、そのことが人々を魅了し、また、預言によるものとしか考えられない奇跡だと考えられているそうです。
従って、コーランは各国語に翻訳はされているものの、アラビア語で読むのとそうでないのはまったく違うようです。

さて、公共交通機関からも近く、アクセスがしやすい場所にあるイスラム美術館。
入ってみると、美術館自体がアートで、いくつもあるドーム型の天井は、すべてため息が出るほどでした。
ヨリコもとても楽しんでくれて、改めてモスクは美しいものだ、と感じたようでした。

ところでヨリコは動画を撮っていましたが、途中で隣にいた外国人も同じように紹介動画を撮っていて、対抗意識を燃やしていました(笑)

対抗するYouTuber達

美術館のショップは、オシャレな物が多く好きなのですが、もちろんここも例外ではありません。
高価な美術品もたくさんあり、ここの「展示」だけでも大いに楽しめます。
そんなたくさんの売り物に目を奪われたのですが、最も「心」が奪われたのはこちら。

持ち運び用折りたたみ絨毯!

イスラム教徒がどこでもお祈りができるように、なんだと思いますが、安いカバンのように陳列されていて、エコバッグかと思って開けてみて驚きました。

このサイズ。肩掛け付き。この状態で置かれていたので、誰一人見向きもしてなかった

本当はお祈りに使うものなんだろうけど、ちょっとしたピクニックも楽しくなりそう。
価格も3,000円程度でお手頃。というわけでもちろん購入。

なお、広げた際の裏側はこうなる

そしてこれが同日に、早速日の目を見ることになるのでした。

ちなみにレストランもあり、オシャレな空間でおいしい料理が楽しめます。
ここで食べたのもとってもおいしかったのですが、、、写真も動画も見当たらず。。。

 

そしてリアルモスク

イスラム美術館を出てすぐ近くにあるモスク マスジド・ヌガラへ。
規模が大きく、やはり美しかったです。

マスジド・ヌガラの内部。規模が大きく、かつ美しい

入れる時間が決まっているので、やや待たされましたが、中を見ると待った甲斐あり。
モスクとしては別のモスクでオススメがあるのですが、KLの中で簡単に行けるここはオススメ。

外観が近代的だったり、広すぎて入口が分かりにくいのは難点ですが、とても美しい礼拝堂が観れて満足です。
なお、イスラム教徒でないと礼拝堂内には入れませんが、入口からこうして写真が撮れます。

 

KLのランドマーク ペトロナス・ツインタワー

夕方になり、クアラルンプールの象徴、ペトロナス・ツインタワーへ。

ツインタワーどどーん

ペトロナスとはマレーシア国営の石油会社。
建物の中も含めて羽振り良いなぁと思わせるビルですが、建設は片方が日本、片方が韓国です。
発注いただき、ありがとうございます(笑)

高いしライトアップがすごいので、遠くからでも目立ちます

 

ちょうど噴水ショーの時間だったので、あわてて向かい、そして先頭に陣取る。

音楽に合わせた噴水ショーは結構長く、でも意外と楽しめた

ツインタワーさえなければ周囲のビル群もがんばってると思う

ちなみに、多くの人は少し後ろの階段に腰掛けていたものの、さっき買った絨毯があったので、池の前の何もないところに座れた!

さっそく役に立ちました。
常夏の場所での絨毯はちょっと暑かったけど、肌触りも柔らかくとても気に入りました。

隣にいたニューカレドニア人と。ショー撮影中に電池が切れてかわいそうだった(笑)

地図の中心へ

 

すでに常連のレストラン

食事は昼も夜もコンドのレストラン(笑)
店員も苦笑いで接客してくれます。

飲み物はレストランの売り物ではなく、すぐ近くのコンド内の売店でビールを買って持ち込み。
毎回そうなのですが、店員♂は一応「飲み物は?」と聞いてくる。
が、二度目ともなればもはや「絶対あそこの売店でビール買うんだろ」という笑みとともに聞いてきた。
この店員たのしい。

ええそうですよ、あそこのインド人の売店ですよ

そして料理はやはりおいしい。
Flavourというお店で、何店舗かありそうなのですが、Webサイトが見当たらないので、
ご存知の方がいたら教えてください。。

 

惜しむらくは、、なぜかマレーシアで撮ったほとんどの動画がなくなっていることです。
おそらく、うっかり消してしまったのだと思いますが。。。

 

ヨリコの動画コーナー

イスラム美術館の展示やショップ、レストランの写真が多数。

Facebook Comments